2021年02月01日

宮城県 鬼首温泉「せんとう目の湯」

 宮城県の鬼首温泉「せんとう目の湯」は、鳴子温泉から鬼首温泉への入り口にあります。
 10時からの営業と、事前に電話で聞いていたのですが、一時間早く着きすぎてしまい、試しに駐車場に入って見てみると、暖簾が出ており、気持ちよくOKでした。
 館内は新しく、ログハウスの雰囲気できれいに管理されています。
 内湯はシンプルなタイル張りの浴室で、浴槽の縁が広く、トド寝の場所がありました。
 一番風呂で誰も居らす、気持ちよく寝られました。
 温泉は目の湯と言われる位ですから、きれいな温泉です。
 泉質の表示には書かれていませんが、名前にもある通り、目に効能があるそうです。
 そして名前にもある「せんとう」は銭湯のようで、以前あった温泉旅館を現在の御主人が買い取り、日帰り入浴施設にしたためです。
 だから施設が新しいのです。
 露天風呂もありましたが、まだ開店前のせいか温度が上がっておらず、寒いので早々に引き揚げました。
 こじんまりとした露天風呂ですがきれいな露天風呂です。
 風呂を上がると、丁度開店時間で、お客さんがぞろぞろ入って来ました。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG3048-menoyu.JPGCIMG3049-menoyu.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉