2021年03月11日

静岡県 土肥温泉「黄金の湯足湯」

 静岡県の土肥温泉「黄金の湯足湯」は、松原公園のバス停前にあります。
 公園には、世界一の大きさの花時計があり、ギネスに世界一と認定されているそうです。
 その花時計を見下ろす展望台が道路を挟んで並び、足湯の方には温泉の櫓が建ち、その櫓を挟む形で足湯の浴槽が並び、中央に手湯もあり、源泉かけ流しになっています。
 温泉は殆ど無色透明のやや塩味の温泉です。
 土肥温泉の観光スポットに相応しい、立派な設備です。
 花時計を見学に来る人にも、公園の散策に来る人にも、一休みに使い易い足湯です。
 浴槽の上には屋根もあります。
 遠くからもこの温泉櫓と湯気が見え、目に付き、いかにも温泉情緒をかき立てる場所です。
 土肥温泉に宿泊の折りにはぜひお立ち寄り下さい。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG2266-ougonnoyu.JPGCIMG2267-ougon.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年03月10日

静岡県 土肥馬場温泉「楠の湯共同浴場」

 静岡県の土肥馬場温泉「楠の湯共同浴場」は、修善寺方面から来ると、土肥の中心手前の、一本裏手の住宅街にあり、目の前とぐるっと回った裏側にも駐車場があります。
 比較的新しくきれいな施設で、自販機で入浴券を買います。
 浴室は内湯の他に小さな露天風呂があります。
 内湯は熱めの温度ですが、露天風呂はぬるく、長湯出来るので先客が入ったままで、なかなか上がりません。
 小さな浴槽に大の字に入って寛いでいるので、遠慮気味に入ると、早速「何処から来たの?何処に泊まるの?」と話しが始まりました。
 しばらく、土肥温泉の近況の話を聞いて、それでも動く気配なし。
 次があるので、先に失礼して来ました。
 気持ち塩味の無色透明な温泉で、共同浴場なので寛げる温泉とはいきませんが、体当たりの優しい温泉です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



CIMG2261-kusunoki.JPGCIMG2262-kusunoki.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年03月09日

静岡県 沼津温泉「ニューウェルサンピア沼津」

 静岡県の沼津温泉「ニューウェルサンピア沼津」は、沼津ICからほど近い高い場所にあります。
 大きな公共の宿で、料理等の口コミ評価は高い所ですが、今回は日帰り温泉でやって来ました。
 広いロビーで受付をして、浴室へ向かう途中にも、日帰り温泉に力を入れているらしく、様々な案内があり、「かかりつけの温泉」に取り組んでいるようです。
 浴室は広く、広い内湯の他に気持ちの良い東屋の石の露天風呂があります。
 温泉はやや塩味の殆ど無色透明のトロンとした温泉です。
休憩室ものあり、一日遊ぶには申し分ない施設です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。

CIMG2257-numadu.JPG
CIMG2258-werusanpia.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年03月08日

栃木県那珂川町 そば処「道の駅ばとう レストランばとう」

 栃木県那珂川町のそば処「道の駅ばとう レストランばとう」に、しばらくぶりで再びやって来ました。
 ここに来たらやっぱりかき揚げです。
 今回は、冷たいかき揚げそばを頼みました。
 見た目は全く暖かいかき揚げそばと同じ丼と姿です。
 恐る恐る大きなかき揚げを除けると、冷たい蕎麦が出てきました。
 ぶっかけの上に大きなかき揚げが乗っていました。
 食べきれるかと思いきや意外に食べられました。
 やっぱりここはこれです。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



CIMG2540batou.JPGCIMG2543-batou.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年03月07日

栃木県 南平台温泉「観音湯」

 栃木県の南平台温泉「観音湯」は、南平台ホテルの日帰り入浴施設で、ホテルとは別棟の隣の敷地にあります。
 馬頭温泉郷は、ヌルヌルのアルカリ性単純泉が殆どですが、観音湯には、二本のアルカリ性単純泉と1本のナトリュウム塩化物泉の3本の源泉があり、日帰り入浴でもこの3本の源泉に入れます。
 と前回のコメントに書いたのですが、今回3年振りに来たら様子が変わっていました。
 前回塩辛い塩化物泉のあった露天風呂の浴槽に入ると、無味無臭のヌルヌルのアルカリ性単純泉で他の浴槽と同じです。
 改めて温泉分析表を見てみると、一種類のアルカリ性単純泉の源泉表示しかありませんでした。
 それに、外に出てから気づいたのですが、以前屋上にアルカリ性単純泉の浴槽があったのですが、それに気づかず帰って来てしまいました。
 でも、そもそもアルカリ性単純泉の源泉の湯量が豊富なので、全然違和感がありません。
 相変わらずのつるぬるの柔らかい温泉がかけ流しになって、浴槽から流れ出ています。
 贅沢な温泉です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG2538-nanpeidai.JPGbatou-nanpeidai-kannonyu 001.jpg


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年03月06日

栃木県 那須高原温泉「自在荘」

 栃木県の那須高原温泉「自在荘」は、評判通り、色々その気遣いに感心する所が多いです。
 当日、雪になってしまい、午後の予定を早めに切り上げたくて、改めてチェックインの時間を確認すると、午後1時からOKとのこと。
 早めのチェックインを気持ちよく迎えてくれました。
 早めのお風呂に入ると、湯上りには、コーヒーや甘酒やお菓子まで色々出てきます。
 温泉は、内湯に川沿いの露天風呂があり、予約制の半露天の貸切風呂も宿泊者にはサービスです。
 温泉は殆ど無色透明無味無臭の温泉で、露天は源泉掛け流しと循環の併用です。
 全身マッサージ機もサービスです。
 夕食も盛りだくさんですが、その後に、夜食のサービスもあります。
 朝食も盛りだくさんですが、その後に、ゆっくりして下さいと、コーヒーやお菓子のサービス。
 目の前のお土産コーナーの試食ですが、後から後から出てきます。
 これじゃついついお土産も買ってしまいます。
 サービスがいいと言うか、上手と言うか、気付いたら気持ちよくお土産たくさん買っていました。
 とにかく寛げる宿です。
 出がけには、チェーンの取り付けまで手伝ってくれました・・・
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG2485-zizaikan.JPGCIMG2488-zizai.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年03月05日

栃木県那須町 そば処「伊王野 水車館」

 道の駅の施設内にあるレストランで、混み合っているのは相変わらずで、開店前からお客さんが並んでいました。
今回は数量限定の、水車ざるを頼みました。
 地元の蕎麦粉を水車で挽いた蕎麦で、色が濃い緑色なので、一瞬茶そばと勘違いしてしまう程です。
 地元の蕎麦でこの色なのだそうです。
 旨みが染み出てくる美味しい蕎麦でした。
 これなら混み合うのは当然です。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG2472-iono.JPGCIMG2475-iono.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年03月04日

茨城県那珂市 そば処「そば元本舗那珂店」

 茨城県那珂市のそば処「そば元本舗那珂店」の店の前には大きなメニューの看板があり、朝食メニューもあります。
 店内には自販機があり、食券を買ってテーブル・カウンターで待ちます。
 どこかのチェーン店と思っていたのですが、杉の家グループのようで、自家栽培の常陸秋そばの二八蕎麦との触れ込みです。
 だからリーズナブルな価格で食べられます。
今回はミニヒレカツ丼セットを頂きました。
 分厚いミニヒレカツ丼と噛み応えのあるシコシコの食感の蕎麦で、蕎麦の量も多く、十分満足、しかもこれが650円とは・・・
 連れのサラダ蕎麦はゴマダレで、これもボリュームがあり、ゴマ汁蕎麦の感覚で美味しくいただけました、これが500円。
 しかし今時の値段とは思えない安さと美味しさ!
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_5988-sobagen.JPGIMG_5990sobagen.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年03月03日

茨城県那珂市 そば処「藤兵衛」

 久しぶりに又来ました。
 以前来た時とはなんか違う雰囲気、壁には著名人の色紙がぎっしりあり、これは以前と同じ、大きなテーブルが二卓だけ、その奥に座敷があります。
 店主が一人ですべてをまかなっていました。
 壁には季節メニューがたくさん貼り出されていて、そのメニューの説明もしてくれました。
 「お肉もたくさん入ってますよ。」と言う店主の言葉を信じて、つけけんちんそばを注文しました。
 以前、もりそばに色々な付け合せが付いてきたのですが、今回も正月に相応しい伊達巻や昆布巻、玉子焼きも付き、更に掻き揚げの天ぷらまで別皿でありました。
 けんちんの方には分厚い叉焼まで、信じて頼んで良かった・・・
 これで1000円は納得のいく金額でした。
 蕎麦湯も濃い真っ白な蕎麦湯で、そば湯用に薬味の入った茶碗も別に持って来てくれました。
 一人でやっているのに大変な気の使いようで感心してしまいます。
 蕎麦は二八と十割とがあり、県北と県南の、常陸秋蕎麦を使用した蕎麦は、香りもあり、かみしめる毎に味も出てきます。
帰りに、以前見た色紙を思い出しました。
 「百人のお客様より、
         一人のそば好きのお客様を大切にしたい。
                 手打ちそば藤兵衛 店主」



 又来ました。
 今回もつけけんちん蕎麦にしました。
 今回も付け合わせが色々あり、納得の内容ですが何故か値段が800円に値下がりしていました。
 けんちんの鴨肉が少なくなったのかもしれません。
 しかし、付け合わせには小天ぷらも付いて・・・
 連れのもりそばにも付け合わせが付いて同じ800円・・・
 最後には、地元しか食べられないサツマイモの丸干しまで緑茶と一緒に持ってきてくれました。
 前回は普通の干し芋でした。
 ものすごいサービスです!
 親父さんは「コロナでお客が全く来ない。」と嘆いてました・・・
 又きます。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_5984toubei.JPGIMG_5978toubei.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年03月02日

茨城県ひたちなか市 そば処「ちおん」

 茨城県ひたちなか市のそば処「ちおん」では、常陸秋そばがリーズナブルに食べられます。
 しかも腰もあり、香りもあります。
 汁がまたピンときた強い味、そばの先に汁をちょっと漬けて口の中に入れると、そばと汁が交じり合うこの食感がたまらないですね、薬味に大根も付いていたのですが入れずに終わってしまった。
 野菜天の野菜は8種類もあり、小さめとは言え、きれいに揚げられた天ぷらは上品で美味しかったです。
 天汁は別に付いてきました。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



CIMG2578tion.JPGCIMG2579.JPG
 
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年03月01日

茨城県 大洗温泉「大洗町営温泉スタンド」

 茨城県の大洗温泉「大洗町営温泉スタンド」は、大貫の広い田んぼの縁にあります。
敷地には大きなタンクローリーが並んで駐車していました。
 このタンクローリーで、この辺の温泉旅館にもこの温泉を運んでいるようです。
 そして嬉しい事には、この温泉を業者だけでなく、一般の人も、誰でも利用出来ることです。
 ガソリンスタンドの様なスタンドには、10円で40Lと書かれています。
 普通のゆったりサイズの浴槽で、200Lですので、1回分50円で温泉を楽しめる事になりますが、そのまま使ったのでは、お風呂の釜が傷んでしまうので、5倍から10倍に必ず薄めるように、との注意書きが書かれています。
 と言うことは薄めてお風呂に使えば、一回5円〜10円で温泉を楽しめます。
 20Lの大型ポリタンク1本で一回のお風呂が楽しめることになります。
 安い!
 詳しくは「茨城の温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG2573-oarai.JPGCIMG2575-oarai.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉