2021年07月31日

長野県 天狗温泉「浅間山荘」

 長野県の天狗温泉「浅間山荘」は、高峰高原への道の途中から右折して砂利道に出ますが、道幅が広く、安心して辿りつきます。
 周りには宿泊用の小屋が点在し、山荘の前には広い駐車場もあります。
 館内は明るく、きれいな山荘ですが休憩室は無く、入浴だけになります。
 浴室は内湯だけですが、その浴槽には、絵の具を溶かしたような赤褐色の、鉄錆色の濁り湯がジェット流によって循環し、一部掛け流しで床に溢れ流れ出ています。
 源泉自体は無色透明の様ですが、空気に触れてこのような色に変わるようです。
 冷鉱泉で、加熱しているのでなお更でしょう、それでもドロドロと言った感じではなく、サラサラと流れているので不思議です。
 ジェットバスになっているのもそのためでしょう、ドロドロならこのように循環出来ないでしょうから。
 浅間山の登山の前後に訪れる人も多い様で、登山の後の汗流しとしてはとても思い出になる温泉です。
 尚、宿泊者には、別の内湯だけの展望浴室もあるようです。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0444-tengu.JPGIMG_0450.JPGIMG_0448.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月30日

長野県軽井沢町 「そば処やぶ 軽井沢店」

 長野県軽井沢町の蕎麦やさんと言ったらどうしても高級そば処を想像してしまうのですが、今回、地元の人が通うお店を捜して「そば処やぶ 軽井沢店」に来て見ました。
 町営の駐車場の目の前にあり、お店の両側にも蕎麦やさんがありました。
 どのお店に入ろうかと、悩みつつウロウロするお客さんが沢山います。
 お店は二階にあり、階段でもエレベーターでも行けます。
 お店は広く、かなりの人数をこなせる大型店です。
 出てきた新蕎麦のせいろは、細く、食感も良くのど越しも良く、新蕎麦の粘りも有り、汁は甘目のやや辛のコクのあるいいお出汁の汁で、美味しく頂きました。
 やはり、地元の人の好みのお店なら間違いないですね。
 リーズナブルデ助かりました。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0436-yabu.JPGIMG_0438-yabu.JPGIMG_0439-yabu.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月29日

群馬県 霧積温泉「金湯館」

  霧積温泉には以前、廃業した霧積館に来たことがありましたが、今は建物も無くなり、水車が名残りで残っています。
 その前に金湯館の駐車場があります。
 ここから金湯館までは完全な山道で、宿泊者以外は歩いて行きます。
 20分程で車道に出て、目指す金湯館が現れます。
 大きな水車が回っていて、入口の朱色の橋が印象的な建物です。
 浴室はこじんまりとした内湯だけです。
 源泉掛け流しで、浴槽から溢れた温泉が流れています。
 入ってみると、驚くほど軽い、サラサラの無色透明な温泉で、湯温はややぬる目の優しい、長湯したくなるいい温泉です。
 登山客主体の温泉旅館のようで、日帰りはちょっと大変です。
 入浴後には、茶菓子のサービスも有りました。
 帰りは山道でなく、車道を下りましたが、思った以上に長い下り道で、山道を下りた方が良かったと後悔しながら下っていると、幸運にも、宿泊客の送迎の車に拾ってもらえ感謝でした。
 色々思い出になった温泉でした。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0421-kintoukan.JPGIMG_0430-kiridumi.JPGIMG_0433-kiridumi.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月28日

茨城県高萩市 そば処「たつごそば」

 茨城県高萩市のそば処「たつごそば」は、国道6号線沿いにありすぐに分かります。
 常陸秋そばが食べられると聞いてやって来ました。
 この店の評判は、ボリュームとリーズナブルな価格と聞いていたのですが、メニューを見て納得。
 お勧めは力そばとか、でも大好きな鴨せいろが安いので思わず鴨せいろを注文しました。
 そばのもりが良く、常陸秋そばの味が美味しく、熱々の鴨汁の濃さと良く合い美味しかったです。
 鴨肉も思った以上入っていて噂通りの納得感でした。
 セットメニューもたくさんあり、どれもがリーズナブル。
 特盛の二枚分のもり蕎麦も安く、これもこの店の名物のようです。
 なので、お昼時は注文してから少し時間がかかるようですが、これくらいがまんします。
 メニューを一通り制覇したくなるお店でした。 
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



IMG_0715-tatugo-syusei.jpgIMG_0716-tatugo.JPGIMG_0717-tatugo.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月27日

福島県 三崎温泉「ホテル花天」

 福島県の三崎温泉「ホテル花天」は、小名浜の三崎公園の海に面した崖の上にあります。
 道路沿いには「日帰り温泉」ののぼりが立ち、日帰り温泉にも力を入れているのが分かります。
 ホテルは広く、大きく、浴室は三階ににあり、展望大浴場になっています。
 休憩室も二階にあり、畳敷きの広間とテーブルもあり、入浴後の休憩に使えます。
 浴室は海を眺める展望風呂の内湯と、同じような浴槽の露天風呂があります。
 目の前には、太平洋の白波と沖を行きかう大きな船が見え、露天風呂では、それを眺めながら冷たい風に頭を冷やしながら長湯を楽しめます。
 温泉は薄い黄褐色の透明な塩辛い塩化物泉で、ややぬるめの入り易い長湯ができる温度で、なかなか浴槽から出る気のなくなるいい温泉でした。
 意外に日帰り客が多く、次々とお客が入ってきました。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0714-misaki.JPGIMG_0712-hanaten.JPGIMG_0713-hanaten.JPG



posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月26日

福島県 吉野谷鉱泉 

  福島県の吉野谷鉱泉は、新興住宅地の小高い丘を越えて、谷間に降りると旅館らしき建物が現れます。
 玄関を開けて料金を払い、初めての客と分かると、御主人の館内の説明が始まりました。
 日帰り客用の椅子の休憩室もあります。
 宿泊部屋の室内まで明けて説明してくれます。
 館内はこぎれいに整理され、掃除も行き届いています。
 最近浴室等も修理されたようで、浴室からは新しい木の香りがします。
 温泉は殆ど無色透明で、ほんのり植物臭も感じる温泉です。
 先客の話しでは、住宅が出来て山が無くなり、水量が減ったようだとの事です。
 浴室は二つあるのですが、一か所しか沸いておらず、混浴となっています。
 でも16:00〜18:00は女性専用の時間になっています。
 この鉱泉を知った時、二本の源泉があったはずですが一本の源泉(白水鉱泉)しか表示されていないので、源泉が無くなって来たのは確かなようです。
  そしてここにも温泉分析表はありません、やはり入湯税の関係でしょう、日帰り客の多い所では一人50円は痛いでしょう。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0706-yosinotani.JPGIMG_0707-yosinotani.JPGIMG_0709-yosinotani.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月25日

福島県 いわき湯本温泉「ホテルパームスプリング」

 福島県のいわき湯本温泉「ホテルパームスプリング」は、湯本温泉の中心からは少し離れています。
 スパリゾートハワイアンズへの送迎もあるようで、マイクロバスが待機しています。 
 ビジネスとハワイアンズ目的のお客さんも多い様です。
 そして入り口わきには足湯がありました。
 日帰り温泉もあるようですが、事前の確認が必要のようです。
 浴室は内湯だけで、ホテルの大きさの割には小ぶりの桧の浴槽で、源泉掛け流しです。
 温泉は無色透明で、気持ち硫黄臭を感じる、スルスルサラサラのさっぱりした塩化物泉です。
 食事は朝夕ともバイキングでした。
 バイキングの評判が良かったので来て見ました。
 ライブコーナーはありませんが、種類は十分、手造り感の豊富な料理で、特に混み合う事もなくスムーズにチョイス出来、後からどんどん出て来ます。
 デザートも豊富で、コストパフォーマンス大の内容です。 
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0661-parmuspring.JPGIMG_0664-palm.JPGIMG_0662-palm.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月24日

福島県 美山富士の湯

 福島県の田村市内には、小さな面白い鉱泉や温泉が点在します。
 この富士の湯もそのなかの一軒です。
 湯小屋の前に「丸一商店」と言う魚屋兼雑貨屋の、衣料品まで売っているお店があり、ここが受付です。。
 店の奥におばあさんが店番をしていました。
 ここで入浴料金を払い、初めての客と分かるとスタンプカードをくれました。
 そして腰を曲げながら私を連れて湯小屋に来て、更に中の説明までしてくれました。
 湯小屋の中には座敷の休憩室とテーブルの待合室があり、入浴だけの人は椅子の待合室を利用します。
 館内は雑然としていますが、座敷からはおばあさんたちの女子会の賑やかな声が聞こえます。
 浴室は簡単なタイル張りの内湯だけです。
 入る時には温泉が床に流れていて加熱掛け流しかと思いきや、しばらくすると水位が下がり、ジェットバスの循環になっていました。
 お客さんの入り具合で随時温泉を溢れ出しているようです。
「おばあちゃんありがとう。」と感謝!
 温泉は脱衣所にも廊下にも分析表が無いので不明です。
 気持ち白濁気味の植物臭を感じる温泉です。
 分析表が無いのは、おそらく入湯税対策か?、400円の入浴料に50円もの入湯税なんて取ろうとする方が間違いでしょう。
 わざわざ「温泉」をうたわずとも口コミでお客がきています。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0656-fuzinoyu.JPGIMG_0659-fuzinoyu.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月23日

福島県郡山市 「蕎麦処こっとう屋」

 福島県郡山市の「蕎麦処こっとう屋」は、郡山市内の大きな通りに面し、大きな古民家が目印で、すぐに分かります。
 暖簾をくぐると太い柱や梁が走り、落ち着きを感じます。
 先ずは、揚げ蕎麦が出て来ます。
 蕎麦は十割蕎麦でしかもリーズナブル。
 セットメニューもあり、今回はミニ天丼セットを注文しました。
 ミニ天丼には大きな海老天が二本、丼をはみ出して並んでいます。
 蕎麦は十割とは思えないのど越しの良さ、水切りも良く、シコシコの食感です。
 汁は濃い辛目のピンとくる口当たりで、いいお味です。
 十割蕎麦で、この大きな二本の海老天が付くセットが1100円は絶対に安いです。
 スタッフの話し声が聞こえました・・・
  「え!今年の大晦日日曜日だ! 怖い・・・」
 そうでしょうね、さぞかし半端なく混むんでしょうね・・・
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0642-kottou.JPGIMG_0643-kottou.JPGIMG_0646-kottou.JPGIMG_0647-kottou.JPGIMG_0648-kottou.JPGIMG_0649-kottou.JPGIMG_0644-kottou.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月22日

福島県 石背温泉「いわせ悠久の里」

 福島県の石背温泉「いわせ悠久の里」は、広い公園の一画にあります。
 施設自体のオープンは9時30分ですが入浴は10時開始になっています。
 早めに着いたので9時30分から入館し、大広間でお茶を飲みながらの一休みが出来ました。
 料金も3時間までは一般の半額で楽しめます。
 浴室は内湯にとても広い露天風呂があり、片隅には、太い丸太を切り抜いた小さな浴槽もあります。
 あいにく温泉は張られていいなかったので、広い浴槽の方でゆっくり浸りました。
 温泉は、高温の為加水しているせいか殆ど無色透明で、鉱油臭のする、とてもヌルツルのしっとりとした塩化物泉です。
 公共の日帰り温泉で、温泉プールもある大きな施設です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0632iwase.JPGIMG_0634-iwase.JPGIMG_0639-iwase.JPGIMG_0640-iwase.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月21日

東京都墨田区 そば処「蕎麦前 小まつ」

 東京都墨田区のそば処「蕎麦前 小まつ」は、錦糸町駅から近い商店街の角にあります。
 屈んで入る低い入り口を明けて入ると、お洒落な雰囲気の蕎麦居酒屋がありました。
 お昼の営業もありますが、夜のお酒を飲みながらの雰囲気がお勧めです。
 夜はお通しが出てきます。
 細い揚げ蕎麦とみずなのお浸しでした。
 辛味大根そばと地鶏の唐揚げを注文、そばはやはり細く、腰のあるそばでしたが、少し水切が・・・
 汁は昆布だしを感じる中辛で、万人向きの食べやすい汁でした。
 雰囲気がいいので、誰かを連れて行きたくなるお店です。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



CIMG4779-komatu.JPGCIMG4784-komatu.JPGCIMG4782-komatu.JPGCIMG4785-komatu.JPGCIMG4780-komatu.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月20日

東京都 押上温泉「大黒湯」

 東京都の押上温泉「大黒湯」は、スカイツリーのすぐ近く、住宅と商店の入りまじった一画にある銭湯です。
 自宅の地下水を調べたら温泉だったそうで、メタケイ酸による規定泉です。
 内湯は普通の銭湯と同じですが、ドアを開けて外に出ると、期待していた以上に広い露天風呂があり、屋根つきの大きめの石造りの浴槽があります。
 温泉はやや白濁気味で、つるぬる感はあまり感じませんが、浴後はスベスベでした。
 普通の銭湯に露天風呂の温泉が付いたと言う雰囲気です。
 露天風呂には二階に上がる階段があり、涼み処となってハンモックが吊り下げられていました。
 大都会の真ん中でもこんなゆっくりした銭湯もありました。
 一日とは行きませんが、しばし温泉で寛げる満足を得ました。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG4766.JPGCIMG4768.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月19日

茨城県水戸市「蕎麦&珈琲つるや」

 茨城県水戸市の「蕎麦&珈琲つるや」は、以前から気になっていた店で、国道50号線沿いにあり、初めて来てみました。
 アダストリアみとアリーナ(旧県立東町スポーツセンター)への入り口近くにあります。
 店の前の看板にはランチメニューのセットものが安いらしく、それに惹かれて入ってみました。
 看板には「蕎麦とコーヒー」の文字も。
 冷たい蕎麦に天丼のセットが590円と書かれ、思わず注文。
 天丼には小鉢や漬物も付き、量的には十分。
 天ぷらも揚げたてのサクサクの美味しい天丼です。
 そばは「看板にも自家製麺」と書かれてあり、噛み応えのあるうま味のあるそば。
 汁は中辛です。
 これで590円なら文句ありませんというより、毎日ランチはここでいいや(笑)。
 セットの麺類もたくさんあり、カツやカレーのセットやご飯ものの定食セットもあります。
 近くの蕎麦屋さんと言ったお店です。
 詳しくは「食べログ茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_6355turuya.JPGIMG_6356turuya.JPGIMG_6357turuya.JPGIMG_6358turuya.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月18日

茨城県水戸市 そば処「みよし」

 茨城県水戸市のそば処「みよし」は、このお店が出来たころ一度来たことがあり、しばらくぶりで又来ました。
 水戸市の総合運動公園の近くの交差点角にあります。
 駐車場もあり、店内は座敷とテーブル席に分かれているので小さな子供連れにも安心です。 
 店の入り口には、お勧めのぶっかけが何種類も書かれ、これが名物のようです。
 天ざるそばを注文しました。
 ひょうたん形の器に盛られてきました。
 蕎麦は腰のある堅めの蕎麦で、汁は中辛の食べやすい味です。
 天ぷらは種類も多く、衣がサクサクサラサラの細かな衣で、こぼれた衣がそれだけでも美味しく食べられます。
 この天ぷらなら、ぜひかき揚げを食べてみたいものですが残念ながらメニューには有りません。
 ぜひ食べてみたいです・・・  
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_6341moyosi.JPGIMG_6343miyosi.JPGIMG_6344miyosi.JPGIMG_6346miyosi.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月17日

山梨県 小淵沢温泉「スパティオ小淵沢 延命の湯」

 山梨県の小淵沢温泉「スパティオ小淵沢 延命の湯」は、道の駅小淵沢の奥にあります。
 道の駅の広い駐車場には、「スパティオ体験工房」があり、色々な体験が出来るエリアがあります。
 こことは別棟に手打ち蕎麦の体験と蕎麦屋の「延命そば」もあります。
 スパティオ小淵沢延命の湯は、ホテルにある日帰り入浴施設で、出入り口はホテルとは別にあります。
 日帰り温泉専用の施設なので、もちろん畳敷きの大広間もあり、一日寛げるようになっています。
 道の駅のついでに来るにはもったいないいい温泉です。
 延命の湯はこのホテルの地下1500mから湧き出るミネラル豊富な黄褐色の濁り湯です。
 お客さんは日曜日とは言え、雪のちらつく天気だったのであまり居らず、ゆっくり温泉を味わえました。
 広い露天風呂もあり、道の駅で思いがけず寛げました。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG5093-kobutizawa.JPGCIMG5094-kobutizawa.JPGCIMG5097-kobutizawa.JPGCIMG5096-kobutizawa.JPG

 
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月16日

山梨県北斗市 そば処「延命蕎麦」

 山梨県北斗市の「延命蕎麦」は、道の駅小淵沢にありました。
 周りには体験工房がずらりと立ち並び、その隣に、やはりそば打ち体験が出来る施設兼そば屋になっています。
 入店すると、初めから、体験ですか?食事ですか?と聞かれました。、
 店内には、家族連れらしき体験中で出来上がりを待って居るグループが何組も待っていました。
 私はいつも食べるだけですので早速もりそばを注文しました。
 そば打ちの先生の打ってくれたそばで、出来上がりに時間がかかりました。
 地元小淵沢の蕎麦を使用しています。
 しっかりした腰の強いそばでした。
 汁は中辛の食べやすい濃さで、食後にはそばゼリーが付いてきました。
 体験は一応予約制のようです。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG5088.JPGCIMG5089.JPGCIMG5090.JPGCIMG5091.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年07月15日

長野県 穴沢温泉「松茸山荘」

 長野県の穴沢温泉「松茸山荘」は、日帰り入浴の営業前に行ったのですが、ロビーで待って居ると、雪の降る中お客さんが続々集まって来て、スタッフの「どうぞ」と言う合図で、ゾロゾロ浴室に向かいました。
 かなり人気があるようです。
 浴室は内湯だけのシンプルなものですが、一度入浴するとなかなか出たくなくなります。
 まず、つるつるの温泉で、無色透明ですが甘味を感じ、寛げる温泉です。
 一旦上がったのですが、もったいないので又入浴してしまいました。
 これなら病み付きになりますね。
 ここは「松茸山荘」と言う名前の通り、松茸が豊富にとれ、冷凍保存した松茸が年中食べられるそうです。
 これを目当てに次回・・・
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG5084-anasawa.JPGCIMG5085.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月14日

長野県 中房温泉「ホテルアンビエント安曇野」

 長野県の中房温泉「ホテルアンビエント安曇野」は、大きなリゾートホテルです。
 特に後ろの駐車場からの建物の外観は、印象的で、ウエーブの様な曲線がきれいです。
 館内はとても複雑な造りで分かりづらいのが難かも。
 かなりな客室と思われますが、浴室は意外にこじんまりとしています。
 入浴は、遅い夕食を頼んで、比較的空いている時間帯に入浴したのですが、女子の方は凄い混み具合だったようで、男子の方も混んでいました。
 温泉は、中房温泉からの引き湯ですが、源泉100%の無色透明無味無臭のアルカリ性単純泉です。
 浴室は男女入れ替え制で、朝から別の浴室になり、雰囲気の違う浴室を楽しめます。
 そして夕食朝食ともバイキングでした。
 夕食のメインは、寿司と蟹とローストビーフで、特にデザートが豊富でした。
 朝食は、地元のソーセージがとても美味しかったですね。
 長野県だけあって、この時期でもリンゴが豊富にあり美味しかったです。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG5052-anbient.JPGCIMG5123.JPGCIMG5122.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月13日

長野県 砂払温泉

 長野県の「砂払温泉」は、一見、街中のビジネスホテルの感じです。
 ホテルの道を隔てた反対側には駐車場があります。
 ロビーの奥に畳式の椅子が並び、休憩室兼待合室になっており、その奥に男子用の浴室があり、女子は二階で、エレベーターに乗ります。
 男子の浴室は細かく分れ、洗い場にはラベンダーの薬湯の小さな浴槽があり、入る時期によって色々変わるようです。
 内湯は別な部屋になり、電気風呂やジャグジー風呂、歩行浴、普通の浴槽と細かく分かれています。
 もちろんサウナもあり、露天風呂もあります。
 このホテルのPHに「七色の湯」と書かれてあったので、温泉の色が変わる硫黄泉と思っていたのですが、アルカリ性単純泉だったので、「あれ?」と思ってしまいましたが、どうもこの色々な浴槽が七色だったようです。
 お客さんが意外に多く、どうも近くの銭湯代わりに利用されているようです。
 気軽に使える温泉が身近にあるのはいいですね。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



CIMG5048-sunaharai.JPGCIMG5049-suna.JPGCIMG5050-suna.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年07月12日

長野県阿智村そば処「勝縁」

 長野県阿智村のそば処「勝縁」は、国道153線沿いにあり、直ぐに分かります。
 自家製粉と書かれ、細くてきれいなそばです。
 珍しい葉わさび蕎麦を頂きました。
 葉わさびだけの薬味で食べます。
 一緒にネギ等を入れても意味がないですからね。
 かなりの辛さです。
 汁はかなりのとろみを感じる食べやすい辛さ。
 わさびの辛さとさっぱりとした蕎麦の食感で、一気に食べてしまいます。
 量はちょっと少な目で、大盛りがお勧めかも。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG5043-syouen-syusei.jpgCIMG5044-syouen.JPGCIMG5045-syouen.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦