2021年08月11日

山梨県 清里温泉「アクアリゾート清里」

 山梨県の清里温泉「アクアリゾート清里」は、ゴルフ場やキャンプ場もあるレジャー施設の中心で、温水プールもあるので、スイミングスクールもある日帰り温泉施設です。
 館内には、自由に入れるレストランンもあり、脱衣所からはプールに降りる通路もあります。
 浴室の内湯からの露天風呂の眺めも良く、全面ガラスのきれいな浴室です。
 内湯は源泉掛け流しで、金属臭と微塩味を感じる、薄い濁り気味の褐色の温泉です。
 露天風呂も広い岩風呂で、いい雰囲気の露天風呂でした。
 露天風呂は循環していましたが、ツルトロの柔らかいい温泉でした。
 清里高原の観光地で、この源泉掛け流しの温泉は貴重です。
 これでもう少しゆっくり出来る場所があれば最高なんですが。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0304-kiyosato.JPGIMG_0306-kiyosato.JPGIMG_0308-kiyosato.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年08月10日

長野県川上村 そば処「善慶庵」

 長野県川上村のそば処「善慶庵」の周りは、キャベツやレタスの畑だらけ、トラクターに着いた泥が道路に山盛りになって続いているそんな場所、なんでこんな場所にと思われる所に、ぽつんと一軒の蕎麦屋さんがあります。
 メニューにはもりそばの並みと大盛りだけです。
 それでもテーブルにはお客で埋まっていて、皆馴染み客ばかりの感じでワイワイ話に盛り上がっています。
 並みのもりそばを注文すると、レタスサラダが山盛りに出され、一緒に南瓜の煮つけと蕎麦ゼリーも出て来ました。
 さらに、「良かったら山で採れた梨の砂糖漬けも」と珍しい一皿も持ってきました。
 「美味しい!」と言ったら更に瓜の奈良漬まで・・・
 肝心の盛り蕎麦は、食感がネットリシコシコの新蕎麦の様な食感です。
 あいにく新蕎麦は明日かららしく、ヒネ物だったようですが、それでもこれだけの美味しさはさすが信州のそば。
 美味しかったです。
 汁は薄めのどっぷり汁を漬けて食べる田舎風です。
 最後の蕎麦湯器の大きいこと、やかんの様、しかも真っ白の蕎麦湯です。
 これなら常客になるでしょう!
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。

IMG_0298-zenkeian.JPGIMG_0299-zenkeian.JPGIMG_0300-zenkeian.JPGIMG_0301-zenkeian.JPGIMG_0303-zenkeian.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年08月09日

長野県 南相木温泉「滝見の湯」

 長野県の南相木温泉「滝見の湯」は、静かな山奥にあります。
 広い駐車場には、農産物直売所もあります。
 館内はお洒落な雰囲気で、売店の品もどこか垢抜けた山の中の温泉とは思えない品が目に付きます。
 館内はバリアフリーの造りで休憩室や食堂も有り、ゆっくり寛げます。
 浴室には温度の違う浴槽が二つとサウナ用の水風呂、それに露天風呂があります。
 露天風呂は鉄平石に大きな石の岩風呂で、特に大きくは有りませんが、内湯よりも温度が低く長湯出来るようになっていました。
 そして、当日は菊の束が浴槽に浮き、薬湯になっていました。
 温泉は無色透明無味無臭の単純泉です。
 料金も安く、設備も新しく、きれいで文句なしの施設ですが、以外に空いていました。
 長野県は温泉天国なので、お客さんにとっては透明な単純泉では物足りないのでしょうかね。
 贅沢で羨ましい話しですが、穴場の超お勧めの温泉です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0292-takinoyu.JPGIMG_0293-takinoyu.JPGIMG_0294-takinoyu.JPGIMG_0295-takinoyu.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年08月08日

茨城県水戸市 そば処「白河」

 茨城県水戸市のそば処「白河」は、ちょっと分かりづらい場所にありますが、お店の前と西側に駐車場があります。
 定食やセットメニューが豊富なので、お昼時には、サラリーマンや、近所の人で、賑わってます。
 白河のそばは、名前のごとく、福島県の白河出身の初代と二代目が、白河そばにこだわり、西郷村産と筑波産それに北海道産のそば粉を混ぜ、自家製粉しているそうです。
 喉越しの良い、シコシコの麺はつけ麺にも最適。
 リーズナブルな価格と明るく広い店内は、ファミリーレストランの雰囲気.
 家族連れで楽しめる場所です。  

 しばらくぶりに来ました。
 店の入り口には「常陸秋そば」ののぼりが立っていました。
 今回は舞茸天そばを頂きました。
 かなりのボリュームの天ぷらでした。
 野菜の種類も多く、メインの舞茸は食べやすいように細かく分けられ、猶更ボリュームがアップ、サラサラとおいしく頂けました。
 相変わらずリーズナブルな価格で、セットものは殆ど1000円以下で、お昼時混みあってます。
 でも広い第二駐車場もあるので安心して車で行けます。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_6381.JPGIMG_6383.JPGIMG_6384.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年08月07日

長野県長野市 そば処「そば信」

 長野県長野市のそば処「そば信」は、道の駅「信州新町」にある蕎麦屋さんです。
 日曜日のお昼と言う事もあって、店内は自販機でチケットを買う人の行列が出来、客席では空きを待つお客がテーブルの周りに立ってます。
 値段はリーズナブルで、「信州食の祭典」で金賞を受賞したことも有り、人気の蕎麦屋さんになっているようです。
 注文後は、比較的早く番号を呼ばれて食べることが出来ました。
 そばは歯ごたえのある田舎そばで、食べやすい中辛のそばつゆに抵抗なくスルスルのどに入って行きます。
 食べやすい万人向きの美味しいボリュームのある蕎麦でした。
 お昼にちょっと寄って食べる、気楽なお店でした。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。



IMG_0576-sobasin.JPGIMG_0577-sobasin.JPGIMG_0580-sobasin.JPG



posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年08月06日

長野県 信州不動温泉「さぎり荘」

 長野県の信州不動温泉「さぎり荘」の近くには「ジンギスカン街道」と明記されたのぼりがあちこちに立っています。
 レストランの軒先にも、こちらのさぎり荘にもそののぼりがあり、この地区の名物の様で、さぎり荘での食事にも名物となっているようです。
 温泉は、この地区に以前あった不動鉱泉の温泉を、地区の人によるボランティアで引いたようです。
 泉質が豊富で特に皮膚病に効能があるようです。
 浴室は内湯だけのシンプルなものですが、殆ど無色透明の柔らかい温泉で、残念ながら加水されているせいか泉質を感じることは出来ませんでした。
 でも、毎分5リットル程度の湯量のようなので止む負えないでしょう。
 それでも館内に休憩室も有り、一日ゆっくり寛げます。
 料金も安いので、気楽な温泉です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0573-fudou.JPGIMG_0575-fudou.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年08月05日

長野県白馬姫川温泉「ホテル白馬」

 長野県の白馬姫川温泉「ホテル白馬」は、玄関に着くと驚き、まるでスイスの山岳ホテルに着いたように、ゼラニュウムの花が出迎えてくれました。
 冬は外にビオラ、館内にゼラニュウムがあります。
 行く毎にグレードアップしています。
 聞くと、社長が自ら手入れをしているとか・・・
 フロントでは、白馬村での観光のアドバイスやサービスの紹介を積極的にしてくれありがたかったです。
 部屋も広く、スキーでの連泊が多いためか、部屋にはキッチンの設備があり、簡単な調理道具や電子レンジも付いていました。
 ありがたいですね。
 食事はバイキングがメインで、朝夕とも種類も多く、デザートも満足できます。
 手造り感いっぱいの料理で、手が込んでいます。
 温泉は、殆ど無色透明、ほんのり塩味がして、浴槽の周辺の石には、鉄さび状の色の付着が見られます。
 天気が良ければ、白馬三山が見られるようですが、今回はあいにくの天気で残念でしたが、玄関のゼラニュウムで慰められました。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


CIMG4475.JPGhakubahappou-yakusinoyu-asiyu 019.jpgIMG_0553.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年08月04日

長野県中野市 そば処「善八」

 長野県中野市のそば処「善八」は、 信州中野ICの出口の交差点の斜め右前にあり、蕎麦ののぼりがあるのですぐに分かります。
 駐車場も目の前にあり入り易いです。
 入ると店内はぎっしり、でも何とか座敷に座れました。
 まず、揚げ蕎麦が出て来ます。
 これ見るとなんか得したきになって、大好きなんです。
 そばは戸隠産のそばで、十割と石臼手引きの二種類が食べられ、そのセットもあります。
 十割のせいろを注文しました。
 お品書きの中に書かれてあった通り、「一品一品手を入れて作るので時間がかかります。」その通り時間はかかりましたが、細くきれいなそばは新そばのねっとり感と、やや濃い目のコクのある出汁に良く合い、美味しく頂けました。
 やはりこうした地元受けの良い店がいいですね。
 時間がかかるので混み合いますが、納得できます。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0520-zenpati.JPGIMG_0521-zenpati.JPGIMG_0523-zenpati.JPGIMG_0524zenpati.JPGIMG_0525-zenpati.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦

2021年08月03日

長野県 箱山温泉「元湯箱山温泉」 

 長野県の箱山温泉「元湯箱山温泉」は、広い駐車場の脇には足湯の東屋がありました。
 ロビーには日帰り温泉の自販機があり、日帰り温泉客が多いのが想像出来ます。
 ロビーの脇には畳敷きの大広間があり、座卓のテーブルが並びゆっくり寛げそうです。
 もちろん食事も出来、一日寛げます。
 ロビーには小さな売店も有り、地元の野菜が並んでました。
 浴室はやや小ぶりの内湯と大きな露天風呂になっています。
 早速露天風呂に出ると、ややぬる目の緑褐色の竹色の濁り湯です。
 中央の柱から熱い源泉が流れています。
 なので柱の周りは温かく、周辺は低目で、源泉掛け流しを実感出来ます。
 浴槽が広いので温度が下がってしまうのでしょう。
 その分内湯が熱いので、〆に内湯で温まる感じでした。
 竹濁りの柔らかい温泉に、まったり寛げるいい温泉でした。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0512-hakoyama.JPGIMG_0516-hakoyama.JPGIMG_0514-hakoyama.JPGIMG_0509.JPG
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年08月02日

長野県 菱野温泉「薬師館」

 長野県の菱野温泉には二軒の旅館があり、薬師館はその奥の方の旅館です。

 玄関に入ると、外観とは全く別の、大正ロマンを感じる趣のあるロビーが現れます。
 フロントの感じの良い説明で、浴室に向かうと、洞窟が現れ、その薄暗い中を、期待しながら浴室に向かいます。
 浴室は内湯だけですが、その内湯が風変わりで、浴室が上下二段に分れ、上段に熱い湯、下段にぬるい湯と冷たい湯と三槽に分れ、その熱い湯と冷たい湯を交互に入って、湯治効果を高めるのがこの宿の入浴法です。
 温泉は、殆ど無色透明無味無臭の柔らかい温泉で、適温に加温されているため、出るのが億劫になってしまう位です。
 窓からは紅葉に映えた池が見え、落ち着きます。
 池のほとりの建物の横には、源泉が出ていました。


 日帰り入浴で訪れ、雰囲気が良かったので今回宿泊しました。
 食事が一風変わっていて、夕食がイタリアンと手打ち蕎麦とステーキのコラボ、朝食が蕎麦のがレットと初めての体験で良かったです。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_0453-yakusikan.JPGIMG_0470-yakusikan.JPGIMG_0492.JPGIMG_0491.JPG


続きを読む
posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉

2021年08月01日

長野県 菱野温泉「常盤館」

 長野県の菱野温泉「常盤館」の面白さは、なんと言ってもケーブルカーで登って行く展望露天風呂「雲の助」でしょう。
 隣りの姉妹館の薬師館に泊まったので、温泉手形を預かって来て見ました。
 ロビーの脇に小さなケーブルカーが停まっていて、自分でスタートボタンを押して登って行きます。
 露天風呂の雲の助には番頭さんが待機し、お休み処も有り、売店とお酒が飲めるようになっています。
 浴室はぬるめの内湯と、熱めの木の浴槽と源泉の冷たい小さな浴槽の露天風呂があります。
 その露天風呂からの下界の眺めがここの売りでもあります。
 アルコールの好きな人には、浴後の休憩所での生ビールもいいのですね。 
 もちろん館内には24時間入浴可の内湯もあります。
 温泉は無色透明無味無臭のアルカリ性単純泉です。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。

IMG_0455-tokiwakan.JPGIMG_0467.JPGIMG_0460.JPGIMG_0468tokiwakan.JPGIMG_0466-tokiwakan.JPGIMG_0464.JPGIMG_0461-tokiwakan.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉