2022年08月17日

福島県 八町温泉共同浴場

 福島県の八町温泉共同浴場は、ガラガラと戸を開けると、男女別の更衣室が(丸見え)両側に並び、大きな貯金箱のような料金箱が柱に掛けられていました。
 協力金の100円以上を箱に入れ、早速入浴、高い天井の壁には、寄付者の名札がずらりと並び、この温泉の人気の度合いが分かります。
 コンクリートの地肌に足を伸ばしすと、塩味の少し濁った軟らかい温泉が体にまとわりつく感じで、ほっと、体が和らぎます。
 壁面から、大きなパイプで、玉梨町営の温泉と、細いパイプの八町自体の亀の湯が並んで流れ、大きな浴槽に注がれています。
 温泉は、少しにごり気味の薄い塩味の炭酸臭があり、玉梨温泉と混ざっています。
 入浴当日に掃除があったらしく、温泉を入れ替えて、溜めはじめたばかりでしたが、新潟中越震災の影響でコンクリートの浴槽にヒビが入ったらしく、なかなか温泉が溜らなく、管理責任者らしい人が、お風呂に入りながら、同浴の人と話をしていました。
 みんなで管理している、地元の大切なお湯なんですね。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。
hatimati-gaikan224.jpghatimati-furo3227.jpg


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉