2018年04月23日

宮城県大崎市 「板そば藤治朗」

 宮城県大崎市の「板そば藤治朗」は、細い道を下ると、らどん温泉の前にモクモクと湯気が上がる源泉槽があり、その前に藤治朗があります。
 駐車場は細い坂道の反対側にあり、隣がらどん温泉で、藤治朗の前には足湯の小屋があります。
 足湯に浸かってそばが食べられるようになっていますが、冬なので誰も使っていません。
 お店には行列が出来ていて、並んで待っています。
 リーズナブルデお腹いっぱい食べられると聞いてやって来ました。
 連れは板蕎麦、私は鴨板蕎麦にしました。
 板蕎麦には天ぷらも付いていまぃた。
 鴨汁は大きな丼で、鴨肉のつみれ団子もあり、大きなスライスもあり、充分な鴨肉が入っています。
 そして香り付けに鴨の焼いた皮が切り刻まれて入っていていい出汁がでていて味が濃く、片栗粉のとろみで冷めづらくなっています。
 その他の野菜の具もたくさん入っていてボリューム満天です。
 蕎麦はザラザラ感のある田舎そばでした。
 いいお店を見つけましたが、カウンターに「3月31日にて営業終了」の案内が!
 間に合って良かった!残念です!
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。


よろしかったら下のクリックをお願いします。


touzirou1345.JPGtouzirou1349.JPG



posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183031404

この記事へのトラックバック