2018年07月09日

茨城県水戸市 そば処「風」

 茨城県水戸市のそば処「風」は、民家の一部屋一部屋が個室のテーブル席になっており、通されたのは、広い池のある日本庭園を眺める奥の部屋でした。
 一部屋一組なので二人連れにもグループにも重宝な部屋です。
  HPにも書かれていた「隠れ家」の文字にも納得です。
 蕎麦は、金砂郷産常陸秋蕎麦の十割蕎麦で、挽きぐるみで出されています。
 さすが金砂郷産、香りも強く、粘りのあるそばでした。
 そばと一緒にかわいいつきだしもあり、これがかわいいんです。
 最後に出て来たそば湯には、蕎麦の実が入れられており、蕎麦のこおばしい香りがしたりして、一味違ったお店でした。

 二度目、今日は鴨汁を頼みました、かなり薄めの汁に、焼の入った餡に包まれた鴨肉と太いネギが上品に並んでいました。
 酒のつまみにと「揚げ蕎麦がき」を頼みましたが、ビールと一緒に「蕎麦の刺身」も付いて来ました。
 話の種にぜひどうぞ。

 久しぶりに又来ました。
 日替わり定食を頼みました。
 1000円で、十割のもり蕎麦と梅肉と山芋の丼が付いて来ました。
 十割のもり蕎麦は、さすが常陸秋そばだけあって、ものすごく香りが強く、県外のあちこちで食べる十割とは雲泥の差、久しぶりで香りを楽しみました。 
 最後の蕎麦湯にも、相変わらず炒ったそばの実が入っていて、口の中で香ばしい香りとパリパリ感が混じってとても美味しく感じます。
 土日だけの営業で、テーブル数も限られているので、ぜひ事前の連絡をお勧めします。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内」へ。



よろしかったら下のクリックをお願いします。


kaze2015.JPGIMG_2018.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183737416

この記事へのトラックバック