2020年07月26日

宮城県 東鳴子温泉「やすらぎの宿久田旅館」

 宮城県の東鳴子温泉「やすらぎの宿久田旅館」は、日帰り温泉も出来、二種類の源泉を持つ宿と聞き、やって来ました。
 休む部屋もあります。
 明るくきれいな内湯には茶褐色の透明な温泉が源泉かけ流しで流れています。
 そして、露天風呂には殆ど無色透明ですが、気持ち濁りも感じる鉱油臭の強い温泉で、こちらも源泉かけ流しです。
 見た目、内湯の方が鉱油臭が強そうですが、全く逆でした。
 温泉とは不思議ですね。
 内湯、露天風呂ともに一人湯を堪能してくつろげました。
 どちらの源泉も皮膚炎に効能があるようですが、やはり自分自身当日まで乾燥症でかゆかった足が、いつのまにやら治っていました。
 ここに来れば治るかなと思っていたのですが正解でした。
 温泉とは不思議なものですね。
 詳しくは「茨城からの温泉案内」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


IMG_5152kyuden.JPGIMG_5153kyuden.JPG

posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187727985

この記事へのトラックバック