2022年02月08日

栃木県日光市「湖畔亭ほそい」

 栃木県日光市のそば処「湖畔亭ほそい」は、五十里ダムの国道121号線の旧道にあります。
 バイパスからの分れ目には、小さな看板があります。
 以前から、この店の前を通っていたので気になっていたので来て見ました。
 バイパスが出来たので、以前は交通量のあった場所ですが、今は枯葉で埋もれた道となり、はたして営業しているのかと恐る恐る車を勧めると、駐車場は車で満車、やむなく目の前の空き地に車を寄せて駐車しました。
 ここだけ賑わっていました。
 店内は満席でしたがすぐに席に座れました。
 店内には、近くの清水が引き込まれていて、木桶にはジュースやビールが冷えていました、
 いかにも山の茶屋の雰囲気です。
 そして、「みよりそば街道」の大きな木彫りの看板も。
 私もこの「みよりそば街道」の加盟店ということで来て見ました。
 店内からは五十湖が見下ろせ、いかにも観光地のそば屋の雰囲気です。
 人気メニューと言う事で鴨汁そばを注文しました。
 蕎麦は細く、旨みを感じる歯に粘りつく味と食感です。
 汁は中辛の鴨の出汁の効いた汁で、肉もたっぷり入っていました。
 それでも850円とリーズナブルな価格です。
 だからこれだけ辺鄙になった場所でもお客さんがくるんですね。
 美味しく頂きました。
 旧道の入り口から出口までの間にはこの店一軒のみ、出口に数軒の民宿があるだけの寂しい旧道ですが、それでもこれだけ流行っているのは凄いです。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


kohantei2577.JPGkohantei2582.JPGkohantei2583.JPGkohantei2585.JPGkohantei2578.JPGkohantei2579.JPGkohantei2581.JPG



posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189316853

この記事へのトラックバック