2022年03月06日

福島県喜多方市 そば処「一ノ戸弘法そば」

 福島県喜多方市のそば処「一ノ戸弘法そば」がある山都には、何件もの農家蕎麦屋が点在し、土日のみ営業するお店が多く、どの店に入るか、当たるか外れるかが楽しみの一つです。
 今回、「いいでの湯」の帰りに最初に入れた店と決め、この店に来て見ました。
 営業中の看板が出ていましたが、暖簾が玄関内にあったので声をかけたら「OK」で、早速入りました。
 店内は農家の居間で、テーブルの上には簡単なメニューが立っていました。
 要するに、十割ざるそば一品のみの内容です。
 さすが、期待出来ます。
 最初に漬物が出てきて、これぞ農家の蕎麦屋さんです。
 すぐに運ばれたザルそばは、細くきれいに切れた腰のあるのど越しの良い蕎麦です。
 そばだけでしばらく食べてみました。
 ご主人に、「こんなに細くしたら、穴が開いてしまうのでは?」と聞いたところ、自慢げに、「夏過ぎるとそういう時もあるけど、もっと細く切る事もできるんですよ、これは太い方です。」との返事
 水回しばかりでなく、もう一つの秘儀の手間があったようで、HPに書かれてありました。
 十割蕎麦の細さにばかりきになって、汁の味を忘れる位いきれいな蕎麦でした。
 汁は特に特徴はありませんが、中辛のどっぷり汁を浸けて食べる田舎の味です。
 帰り際に、お女将の「次は事前に電話して下さい。」との事、十割じゃ作り置きも難しく、一気にお客さんが来るとさぞかし大変なんでしょう。
 TVにも取り上げられたお店のようです。
 詳しくは「茨城の蕎麦案内県外編」へ。

よろしかったら下のクリックをお願いします。


koubou2346.JPGkoubou2342.JPGkoubou2339.JPGkoubou2344.JPG


posted by pony at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 蕎麦
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189372087

この記事へのトラックバック